道場訓は故大山倍達総裁の武道感、空手感をまとめたものであり、
「宮本武蔵」の著者吉川英治先生が監修されたものであります。
道場で稽古の終わりに必ず唱和されています。

       道場訓

     われわれ しんしん れんま
一、 吾々は心身を錬磨し
       かっこふばつ  しんぎ きわ
       確固不抜の心技を極めること

         ぶ  しんずい              
一、 吾々は武の神髄を極め
       き  はっ  かん びん       
       機に発し感に敏なること  

        しつじつごうけん もっ   
一、 吾々は質実剛健を以て
       じこ  せいしん かんよう        
       克己の精神を涵養すること     

         れいせつ おも      
一、 吾々は礼節を重んじ
        ちょうじょう けい そぼう  ふるま   つつ 
       長上を敬し粗暴の振舞ひを慎しむこと

        しんぶつ とうと    
一、 吾々は神仏を尊び
         けんじょう  びとく わす
       謙譲の美徳を忘れざること

         ちせい たいりょく こうじょう   
一、 吾々は智性を体力とを向上させ
          こと のぞ  あやま         
       事に臨んで過たざること

       しょうがい しゅぎょう からて みち つう   
一、 吾々は生涯の修行を空手の道に通じ
     きょくしん みち まっと
       極真の道を全うすること



戻る



SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO